office lien

ブログ

【じょ部】コロナ禍だからこそ、できること

2020年11月28日

私が主にお手伝いしてきた宿泊業、観光業はコロナ禍で非常に厳しい状況にあります。
国の施策にもさまざまな事象や声も聞こえていますが、ここでそのことを語るつもりはありません。

この苦境を乗り越えるために知恵を絞り、努力を続けることの大切さを自分自身への戒めの意味も込めて書きたいと思います。

コロナ禍だからこそ、できること-

緊急事態宣言によって飲食業界・宿泊業界で休業が相次いだ頃、「今だからこそできることがある」とサポートを続けさせていただいた事業者様は、劇的に売り上げUP!とまではいかないまでも、お客様の反応に手応えを感じ、少しずつ数字にその結果が見られるようになりました。またそれが原因でスタッフの皆さんのモチベーションもアップしました。

そのひとつの例として、コロナ前まではこちらから「困っていることや質問はないですか?」と問いかけてもほぼほぼ「無いです」という回答だったのが、今では積極的に「聞いても良いですか?」「これってどうなんでしょう?」と聞いてきてくださることが増えました。

『考える』ことは、働くうえでも、生きていくうえでも大切なこと。
『考える』ことに積極的になることは、この苦しい時期を乗り越えるために必要なこと、ですよね。

 

“しんどい”に向き合う-

日々聞こえてくるニュースのなかには、変化を受け入れ柔軟に対応している企業の例やさまざまなアイディアで立ち向かっているお話しもあります。
そういった中からヒントを得ても良いと思っています。
誰もが発明家ではないので、これなら自分達にもできる!さらには、これを自分達流にアレンジできるのでは?というものを取り入れていくのもひとつです。

とにかく、“しんどい” “苦しい” からといって目を逸らしたり瞑ってしまうのではなく、この機会に何ができるのか?を考え、取り組むことが大切なんです。

水も空気も流れなければ澱んでしまいます。
ビジネスもそれと同じ。ただじっと立ち止まっていては環境はどんどん悪化してしまいます。

いや、そんなことわかっちゃいるけど・・・

ですよね。
でももしその言葉の先に「うっかりしてたよ。さて、何があるかな?」と思ってもらえたら嬉しいなぁ、、、と。

だからこそ私は、細々と「今できることやりませんか?」を皆さんに囁き続けています。

最後に・・・

こんなお話しを人生の大先輩にさせてもらったら、「この記事読むと良いよ」と教えてくださいました。
松下幸之助さんのことば

 

さすがです。
私がごちゃごちゃと書き連ねるなんてオコガマシイ思いつつ、読んでいただいてありがとうございます。